La cena del Quinto giorno a Roma.

ボローニャからローマへ戻り、夕食はホテルPiazza cnmpo de fiori かnavonaで食事するか?と考えてましたがcampo de fiori では何度も食べてるので、今回はnavonaへ!!
観光客で賑わう広場のお店の中で、唯一イタリア語ばかりが聞こえて来るリストランテがあり、ここは地元の人に人気なのか?とお店を覗くと、若くて愛想の良い店員さんが「Bioma sera!」と中へ促すので入店。感じの良いお店でリストランテにしては価格も安く、店員さんも気さくです。
Antipasto
Carpaccio sapore d’arancia di vitello
仔牛のカルパッチョオレンジ風味
仔牛を軽く蒸したものを薄切りにし、野菜を添えてバルサミコとオリーブオイルそしてオレンジが添えてあり、このオレンジとの相性が良くとても美味しい一皿。ここは赤ワインだね!とワインを注文しハウスワインのボトル注文。

DSC00227 DSC00228
Primo
amatriciana.
アマトリチャーナ
やはりローマに来ると一回は食べるのがアマトリチャーナ!店々の味や個性があり美味しいスパゲッティ。この店のアマトリチャーナは大きめのベーコンを若干焦げが臭うくらいまで炒めてあり香ばしさが食欲をそそります!!

DSC00232
Secondo
Tagliata di Vitello.
仔牛のタリアータ
仔牛の表面を強火で焼き、薄くスライスしたもの。ニンニクが効いたバルサミコとオリーブオイルを開けていただきます。
ジューシーでスパイスも効いてて、ワインとの相性も良く、甘酸っぱいバルサミコにニンニクのフレーバーがアクセントになった一皿。

DSC00233
イタリアでの移動地
ローマ→ナポリ→アヴェリーノ→イスキア→ローマ→ボローニャ→ローマの6泊8日の研修でした。
今回、イタリア研修で学んだ最大のものは…….。
伝統的なイタリア料理を提供する技術と経験があるお店だからこそ、新しいものにチャレンジし、斬新な料理を美味しく提供できる!という事。確かに観光地や人が集まる広場では、オシャレなお店や見た目華やかな盛り付けの料理を提供するお店は沢山あります。でもそう言ったお店は小手先だけで大切な事を忘れているお店です。さらには価格を安く提供するお店も増えていますが、質を落として価格を下げる、インスタントのようなものを使って価格を下げる、手間を省く、そう言ったお店も少なくはありません。これらは日本でも同じです。しかし、本物を提供できるお店こそお客様を喜ばせるクオリティを持っている!そして遊び心もあり楽しみながら食事ができる!それが私たちAzzurroのテーマ「La cucina tradizionale italiana」である!という事。
当店にご来店いただくお客様に、より一層の満足をしていただけるよう、努力して参ります。
是非、一度ご来店いただき私たちAzzurroの「Passione」を感じてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>