tartufo

イタリアから持ち帰った黒トリュフ!!
ピエモンテの最高エクストラグレードのトリュフ。
香りもしっかりとしていて、入手困難なグレードの品ですが、イタリアで伺ったお店の方に教えていただき少量購入できました。
トリュフと言えば、よくスパゲッティの上に削るようなイメージがあると思いますが、実際は白トリュフを削るのが本来の食べ方。白トリュフは黒トリュフと違い強烈な香りが特徴のため、スパゲッティなとの上にスライスして香りを楽しみながら、食べる事があります。その他お肉の上にソテーして乗せた物やソース散らしたものペーストにしたり、刻んだトリュフを牛肉のだし汁とマデラ酒を煮込んだ中に加えて煮込むSauce perigueuxなどが有名ですが、せっかくのフレッシュトリュフなので、食感や噛むことで口に広がる香りも楽しんでい欲しいと思い、今回はゆで卵に軽くバターソテーした厚切りトリュフを乗せ一口て食べていただくinvocca bollre di uovo con Tartufo.
最近は偽物トリュフや中国産など様々な物が複数販売され、フレーバーなども出回っているため、トリュフを食べてもちゃんとした食感を感じる事が無い!と言う意見をよく耳にするので、黒トリュフと最高の相性と言われる卵に厚切りを乗せて召し上がっていただきました。半熟卵とトリュフの香りが口の中いつぱいに広がり少し硬めのキノコの食感をかんじながら、噛むとバターとうまく絡み、より濃い香りと味を感じる事ができます。

IMG_0366
そして今回はもう一品。Paneに乗せられているものは、Tartufataと言って16世紀から、ある調理法を元に作られたもの。オリーブとマッシュルーム、アンチョビ、トリュフを細かく刻んで混ぜ合わせたもの。こちらは、PaneにたつぷりのオーガニックE✖️Vオイルを塗りタルトウファータを乗せたもの。
こちらも、濃厚な味か楽しめる一品!フレッシュとは違い様々な味が一つになり心地よいハーモニーを奏でる伝統的な味が楽しめます。

IMG_0003
残念ながら、予約のお客様分で完売してしまいましたが、第二弾!の入荷も考えておりますので、ご興味のある方は、ご予約などの際にお尋ねくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>